Logicool MX1100 レビュー

logicool_mx1100_06.jpg

2008年10月5日 - マウス壊れての週にLogicool MX1100を買っていました。

■ロジクール MX1100 公式サイト
■本田雅一の「週刊モバイル通信」 - コストを抑えつつ着実に進化したロジクール「MX-1100」
MX Revolutionとの比較有り

仕様


・MicroGearスクロールホイール
・2.4GHzの無線
・最大1600dpi
・単三乾電池 2本使用

本体


logicool_mx1100_04.jpg
logicool_mx1100_05.jpg
特殊な形状に見えますが、握れば握るほどシックリくるデザインになっており直ぐに慣れます。
左についている2つのサイドボタンも押しやすい位置にありますが、クリック感は弱めなのが残念。

logicool_mx1100_02.jpg
無線レシーバーは一昔前のマウスサイズとは違いUSBメモリと同様のサイズになっています。やはりモバイル用途では出っ張りが大きすぎるかなぁと。

logicool_mx1100_03.jpg
チルトホイール(横方向)も備わっています。
MicrosoftのWireless Intellimouse Explorer 2.0より入力しやすくクリック感も良好ですが、ソフトウェア側で横方向へのスクロール動作に対応していない場合があり残念。
横方向へのスクロールに関してはAppleのMighty Mouseが最高レベルで、それと比べるとMX1100は劣っています。
(Mighty Mouseはスクロール以外使いにくい)

感想


結論を先に述べると満足できるマウス。
4.5/5(5点満点中4.5点)

マウスに求める機能として、
・無線
・サイドボタン2つ
・オプティカルかレーザー読み取り
・1万円未満
これ満たしてればOK、加えて今までMicrosoft製のマウスばかりだったのでLogicool製から探していたらMX1100になったと。

・マウス本体に関して
大きいタイプなのでモバイル用途には向きません、また摘み持ち派の人には重過ぎると思います。
私は手首を支点にしてマウスを使う人なので重さ自体は問題になりませんでした。

・MicroGear スクロールホイールに関して
マウスホイールの下に切り替えボタンがあり、これを押すとヌルヌルスクロールとカチカチスクロールの切り替えが瞬時で行えます。
ヌルヌルスクロールの場合、縦長のウェブサイトを一気に下まで見たい時に重宝しますが、細かい操作には向きません。
カチカチスクロールの場合、タブバーの切り替えを正確に行いたいときやFPSで武器変更したい時にお勧めです。
うたい文句は素晴らしいし、買った当初はそのハイテクっぷりに驚きますが、縦長のページを一気に見る機会なんてそんなに無いので、カチカチスクロールで落ち着いています。
カチカチスクロールも、下にスクロールしていても上に一瞬戻ったりと完璧では無く残念。
(この状態の時に切り替えボタンを何回か押すと直るような、直らないような)

・ステルスサムボタンに関して
親指を置くところ(2つのサイドボタンの下)に配置されており、初期設定ではウィンドウ一覧切り替えが割り当てられています。
FPSで熱中してマウスを強く握ると、押したと認識されてしまうので現在はボタン割り当てをOFFにしています。

・DPI切り替えに関して
+と-ボタンの2つが左クリックの左に配置されていますが、個人的にDPI切り替えボタンを積極的に使う機会はありませんでした。
ユーティリティソフトからボタンに割り当てるDPIの数値を変更できるので、普段のDPIは+ボタンに、細かい操作用は-ボタンに、といった割り当ても出来ます。
左クリックする際にDPI切り替えボタンは全く気になりません。

・電池に関して
一般的なアルカリ単三乾電池を2本使用し、本体裏面に電源スイッチが備わっています。
夜間使用しない時も電源スイッチをONに入れっぱなしにすると、電池がすぐに無くなり少々不便。
現在はサンヨーのエネループを使っており、これだと電源ONしっぱなしでも1週間から2週間くらい持ちます。

・無線に関して
無線によるマウスラグ等は感じません。
またWireless Intellimouse Explorer 2.0の無線方式に比べて、レシーバーとマウスが離れていても安定して追従してくれる距離は遥かに長くなっています。

同じ周波数(2.4GHz)を利用するIEEE802.11gの無線LAN環境を使用していて、チャンネル切り替えや干渉防止機能が無い場合に問題が発生する可能性があります。
干渉している最中にマウス操作がカクカクして使い物になりません。
無線APと子機の間で大量のデータ転送を行うとマウスが飛び飛びになります。

・レーザーの読み取りに関して
普段の操作でレーザー読み取りによる問題を感じる事は殆どありません。
ただFPSでゲームをしていると稀に視点が上や下に一瞬移動する場合がありました。
これが頻発するのではなく、10分に1回くらだったり1時間に1回くらいだったりの頻度。

・SetPointに関して
MicrosoftのIntelli Pointにあった拡大鏡が無く不便、それだけ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック