ひかり電話を解約する方向で

■ 2005年12月にADSLからVDSL方式の光ファイバー(Bフレッツ + ひかり電話)に移行してから、
速度面に関しては不満は無かったのですが、果たして「ひかり電話」用のルーター(RT-200KI)が自分の望む機能を持っていない、安定していない。
この2点が不満となり「ひかり電話」のみ解約する方向になりました。

まず最初の自分の望む機能を持っていない、これは
・ポート開放が必要かつ、その範囲が広い場合に役立たない
・再起動までの時間が長い
・無線LAN機能を追加する場合、特定のLANカードか追加のレンタルが必要

次に安定していない、これは
・VDSLモデムがリンクしていてもRT-200KI側が勝手に切れる場合が多々ある
・ネットを見ているだけなのにRT-200KIが暴走してルーターの再起動を余儀なくされる
・障害ログを見ると1日に何度も「PPPOEDOWN」と表示されている
 稀にPPPOEDOWNから自動復旧してもネットに繋がらない。
 (手動でルーター再起動するまでひかり電話も繋がらない)

とまぁ、こんな理由です。


「ひかり電話」を解約するとルーター(RT-200KI)返却する必要が出てくるので、
現在無線LAN内臓タイプの良いルーターを探しているところです。
BUFFALOのWZR-AGL300NHか、NECのAtermWR8500Nですかね。
NECのルーターといえば数年前のモデルでゲームサーバー一覧を取得するとネット通信不可になるという、馬鹿げたバグ(NAT溢れ)を放置したままでしたが現在のモデルは問題無いようです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック