SonicStage CP 4.2が公開されました

SonicStageCPの最新版、4.2が公開されていました。
cap0165.png

ダウンロード
一般公開されていた4.0からの変更点は
・DSEE機能追加
cap0166.png

DSEE(Digital Sound Enhancement Engine)とは音声圧縮によって劣化した音を高音質化し、さらに圧縮で取り除かれた高音域を追加することで、オリジナル音源に近い自然で広がりのある音を再現する機能です。


・HE-AACエンコードが可能に
cap0167.png

96kbps/80kbps/64kbps/48kbps/40kbps


拡張子はAACエンコードと同じく.3gpになります。
cap0168.png


このHE-AACを使ってエンコードを試してみました。
ヘルプによると

AAC の拡張仕様であり、ベースとなる AAC 部分に拡張データを上乗せしているため、従来の AAC しか再生できないプレーヤーでも再生することができます。


と、ありますがビットレートの低さは隠せないだろうと・・・思っていたのですが
凄い
最初、設定で最大96kbpsでしかエンコード出来ないことで、ショボイと思ったんですが
実際にエンコードして、それをSonicStage上で再生させると
「これ本当に96kbps?」
と思ってしまいましたよ!

試しに96kbps,80kbps,64kbps,48kbpsでエンコードしましたが
64kbpsでちょい気になる、48kbpsでビットレート足りないなと。
特に96kbpsと80kbpsはHE-AAC対応のプレイヤーで聞くと、ビットレートの
数字以上の音質に感じるのは確実だと思います。
mp3やwmaの96kbps・80kbpsって音悪かったでしょ?
HE-AACだとそれを感じることが無いんですよ。
普通の人ならHE-AAC 80kbpsで常用してもOKじゃないかなぁ。

ただし、iTunesやQuickTimeがHE-AACに対応していないせいか、
SonicStageでエンコードされた.3gpファイルを再生させると
44.1kHzのはずが22kHzで再生されるので注意が必要です。

AACに対応しているSonicStageですが、iTunes上でタグ付けした
AACファイルをSonicStageに持ってくるとタグを無視する仕様は直っていませんでした。

Walkmanとの連携はVAIOethicsのこの記事が詳しいのでお勧め。


SonicStage CP 4.4のウィンドウ
pc_sonicstage4_4_01.pngpc_sonicstage4_4_02.png
pc_sonicstage4_4_03.png
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック