PS2 「FINAL FANTASY XII」100chain失敗

いやぁ、FINAL FANTASY XII面白いですね。

戦闘部分が従来のFFシリーズと違うと言われてたので違和感あるかな?と思っていたのですが直ぐに慣れてしまいました。

特に味方のガンビット(簡単なマクロコマンドみたいな物)のお陰で、HPがある程度下がると攻撃より回復を優先させたり、先に補助魔法を使ったりと カスタマイズできる面白さもあります。
(もちろんガンビットをOFFにして自分で全てコマンドを決めることも出来ます)

それと戦闘をアクティブにして速度を一番速くすると結構緊張感あるプレイが出来るかと思います。

 装備や魔法の強いのを持っていても、ライセンスを持っていないと使えないってのもFF5のアビリティのようで面白いです。
説明書にも書いてある通り、最初は全員同じようなライセンスを取得していたのですが、今はキャラ別にライセンスを違うのを取得させています。
そしたら刀とか裏魔法とかワクワクさせるようなライセンスが出てきましたよ。

 グラフィックに関してもPS2の限界を超えているように思います。
特に街中のシーンは多くのNPCが居るにもかかわらず、綺麗さを保っている所。
ピクセルシェーダーっぽい処理をしていた水面や、リアルタイムムービー時のボケだったり、そういったのを当たり前のように施されているのには、流石だなぁと。
それとリアルタイムムービー時のカット割を凄く研究しているように感じますねプレイしてもらえばわかると思うんですけど。

 その一方で今回普通にプレイしていくとお金が足りなくなることが多々あります。
武器買って、防具買って、魔法買って、ガンビット買って、・・・としていると特にメンバー全員分の武器防具買うとお金がカツカツになります。
それを補うクランハントというのが、あるのですが褒賞金の少なさにションボリです。
それ以外にも弱い敵を倒して得られるアイテムを店売りすれば結構纏まったお金が得られますがそれでも今は主要メンバー以外の武器防具は後回しになっています。

 サウンドですが、主人公の声がヘタなので(ワザと子供っぽくしてるのかな?)他のメンバーがムービー時に真剣に話しているときに笑ってしまいそうになります。
サウンドエフェクトやBGMは非常に美しく、自然に受け入れられるかと。
ドルビープロロジックIIにも対応しているので対応環境をお持ちの方はより一層サウンド周りでも楽しめるものと思います。
(驚いたのパンネロの発音が違ったことですか、ストローみたく最後は落ちないんですね)

こんな感じで楽しんでプレイしています、ってのが今のところの感想ですね。
それとストーリーは女子供はすっこんでろ(いや女子供も絡んでるんですが)
といった感じなのですが、まだ序盤なので良し悪しは判断できません。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック