マカフィー インターネットセキュリティ その後

マカフィー インターネットセキュリティを導入して気づいた事などを書いてみたいと思います。

まず、Windoowsスタートアップ時に有効にするサービスを設定出来ないのはかなり不満です。
特にPrivacy Serviceは一々パスワード入力を求められるのでイライラします。
また不必要と判断したので、Privacy Serviceは削除しました。

次にSpamkillerも結局不必要として削除しました。
OutlookexpressにSpamkiller専用のアイコンやフォルダが自動的に作成されスパムに悩まされている方には重宝される機能かもしれませんが、私はプロバイダ側でスパム削除しているので不必要でした。

Personal Firewall Plusも最後まで悩みましたが削除しました。
機能的には進入しようとしているipをトレースしてみたり、どのポートを叩いているのか分かり易いのは良かったです。
しかし、私が頻繁に使うソフトで動作が重くなることが発覚、Personal Firewall Plusを削除すると元の速度に戻る・・・となってしまったので削除しました。

結局VirusScanだけをインストールし直しました。
VirusScanの機能は若干の不満があるものの、個人的に絶対必要なので。
(GameSpy Arcadeをウィルス扱いするのはちょっと笑いましたけど)

ルーターの設定やメーラやプロバイダのスパム対策を積極的に使える方にはVirusScanのみで良いと思われます。
Personal Firewall PlusもWindowsXPのファイアウォール機能を理解している方は必要ないと思われます。
ただ、先ほども言いましたがトレース機能や視覚的に理解できるのが面白いです。

Privacy Serviceは家族でひとつのコンピュータを利用している人には良いかも知れません。

ウィルス対策やファイアウォールとは何ぞや、という人には機能的な不満は出てこないと思います、ですが設定項目の少なさやソフト機能の更新時の動作速度の重さ、ファイル一つに対してウィルススキャン出来ないなど2004年時に使っていたときに思っていた個人的不満点を改善できていないな・・・という感じです。

2007年のウィルス対策ソフト購入予定からマカフィーは無いな、と言うのが結論です。
マカフィー インターネットセキュリティ 2013 3台用 (2年) (最新版)マカフィー インターネットセキュリティ 2013 3台用 (2年) (最新版)
Windows

マカフィー
売り上げランキング : 251

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック