5年前の記事ながら

 2001年の3月に書かれた記事ながら、かなり現在の状況と似ているというか
この時から改善されていないのかな、と感じるものがあります。
■ 後藤弘茂のWeekly海外ニュース
日本市場でともかく急務なのは、最低水準にあるXboxへの期待度をなんとかすることだ。
とくに、日本では普通のゲームユーザーのほとんどが全然Xboxに期待していないように見える。

 これ、全然改善してないですよね。

話題になって報道はされるだろうが、ポジティブに回り始めるかどうかわからない。
洋ゲーの画面でハードウェアのパフォーマンスを示しても普通のゲームユーザーはそれほど感心してくれない。
これだけ期待度が下がっていると、日本のゲームベンダーからの、
あっと驚くようなタイトルの発表がないと、盛り返すのは難しいだろう。
例えば、セガ・エンタープライゼスがバーチャファイター4をXboxだけで出すとか、
それくらいの大きな発表があって、ようやく盛り返すきっかけになるという程度だと思われる。

 FinalFantasyやドラゴンクエストがでるなら・・・と同じ状況なんですよね。
ただ、5年前と違うのは格闘ゲームに訴求力はそこまで無いって事くらいですか。

 それと1280x720がXbox360の標準的な画像サイズなのだから、ゲーム系のサイトに
積極的に1280x720サイズのスクリーンショットを載せたり、ムービーを積極的に
公開しないと。
いくら、AQインタラクティブのXbox360向けのゲームが凄いんだ!って言われても
今までどおりの縮小サイズのスクリーンショットやムービーを載せている限り
魅力は伝わってこない。
海外のゲームサイトは積極的に掲載しているんだけどね。
MicrosoftはXboxの盛り上げを、この春、成功させなければならない。

今年の春に盛り上げることは出来るでしょうか?おそらく無理でしょう。
2月にはPlaystation Conference、春?夏に近い春?にPS3発売。
PS3が4万5千円以上の値段になったらXbox360は盛り上げることが出来るかもしれませんけど。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック