AMD 「Sempron 3100+ (Scoket754) 」を投入


AMDの低価格CPUと言えばDuronでしたが、表舞台から去ってAthlon XPがほぼヴァリューになりました。
Athlon 64シリーズで噂されていたバリュー向けCPU Sempronのベンチマークが出ていました。

the Inquirer
XTREME SYSTEMS.ORG
現在 AMDからの要請によって削除されている模様
Tweakers.net

Athlon64 (Socket754) の3000+ 、2800+との比較ベンチマークです。

Athlon64 (Socket754)のスペック

・Athlon64 3000+が2.0GHz L2キャッシュが512KB
・Athlon64 2800+が1.8GHz L2キャッシュが512KB

Sempron (Socket754)

・Sempron 3100+が1.8GHz L2キャッシュが256KB

結果はAthlon64 2800+とドッコイドッコイな感じですね。
現在Socket754のAthlon 64 2800+が2万円前後なのに対しSempron 3100+が124$だっけかな?なのでSocket754環境を導入する人にはハードルが低くなって非常に良いですね!

ただSempronの問題点はAthlon64シリーズの代名詞でもある64bit環境を構築出来ない事でしょうか。安くて32bit onlyのSempronか、ちょい高いが32bit&64bitのAthlon64か。

そして一番の問題点はAthlon 64がSocket939シリーズに移行しているのにSempronはSocket754が先に売り出される事。Socket939とSocket754ではCPUの互換性が無いのでMBも買い替えが必要。AthlonXP使ってる身としてはAMDってやっぱり商売下手に感じるんですけど。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック