マカフィー インターネットセキュリティスイート

mcafee_internet_00.jpg

 ウィルスバスター2005のチケット期限は本当ならば、10月前後に切れていたのですが、
今年起きたウィルスバスターの不具合の分として、チケット期限が今年一杯までになっていました。
 なもんで2006年用のウィルス対策ソフトの購入は今年ぎりぎりまで延ばしていました。
そのお陰で、ウィルスバスター2006の購入は止め、マカフィーに乗り換えることになりました。
(ちなみにウィルスバスター2005の前にもマカフィーを使っていました)

 今ウィルス対策ソフトを利用している人は優待版を購入できるので、店頭で買う場合は
パッケージに注意して購入しましょう。

 ウィルスバスター2005のアンインストールは不具合も無く、素直にアンインストールできました。
で、マカフィーのパッケージを持って気付いたのですが、箱のサイズに対して
やけに軽いのでCDしか入ってないのかなと思ったら、本当にCDと説明書だけでした。
DVDのトールサイズパッケージに十分入る内容なのに、既存のパソコンソフトと同じくらい
大きな箱にするのは辞めて欲しいです。
店頭で目立たせる、盗難防止の観点から大きくしていたらしょうがないですが・・・。

 2パックユーザーのを購入しましたが、中にはシリアルナンバーは入っていません。
マカフィーに登録する時にもシリアルナンバー等の入力はありませんでした。
メールアドレスと自分で決めたパスワードの入力を求められるだけです。

 セットアップはプライバシーサービスの時にパスワード設定が求められるだけで
他には難しい所はありません。
セットアップ終了後、再起動を求められます。
再起動後、ウィルススキャンやパーソナルファイアウォールプラスを更新をすると
再び再起動を求められます。
このウィルススキャン本体の更新をする際にマカフィーに登録するよう促されたと思います。

 通常 セットアップや更新が終わった状態だとすべての機能がオンの状態なので、
すこしPCに詳しい人はスパムキラーの設定やウィルススキャンの更新日時の設定をすることをお勧めします。
それとルーターでファイアウォールがある人はマカフィーのファイアウォールを切っても良いでしょう。

 こういった、すべて最初から機能オンだと初心者にも安心かと思われます。
逆に少し詳しい人だとちょっと鬱陶しいかもしれません。

特に指定のフォルダをスキャンする際に一々ウィンドウズがインストールされているフォルダも
スキャンしたり、ファイル単位でスキャン指定ができなかったりする部分は
ちょっと残念でした。

また、すべての機能にアクセスするセキュリティセンターのメイン画面がマカフィー2003の
頃から進化していないのも、ちょっと残念でした。
ウィルスバスター2005のメイン画面はかなり素早く動いていたので。

 個々の機能の紹介は後でしたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック