さらばADSL!こんにちは光!

2001年から利用していたADSLから光ファイバーに変更になりました。
何時の間にかBフレッツ マンションタイプに対応していて、大規模な工事や現在ADSLを利用していても工事費は無料、同日移行可能との説明を聞きそれでは早速導入と相成りました。

光ファイバー導入


光ファイバーですが種別としてはBフレッツのマンションタイプ、VDSLタイプです。
残念ながらLANタイプでは有りませんが、宅内で大規模な工事なども無く速度も予想以上に出ているので非常に満足しています、速度は後ほど。

ちなみに11月の後半辺りから受付申し込み開始をしていたのですが、申し込むのを忘れて遅くなってしまいました。

また運悪く時間が取れたのが金曜だったのもミスでした。
知っている方も多くいると思いますが、NTTの場合、5営業日があるために金曜日に申し込むと丸々一週間無駄になります。
ですから担当者に来てもらうのは金曜日以外をお勧めします。

それ以外にもキャンペーン期間に申し込むと通常コース切り替えで発生する工事費や切り替え料金も無料になり、2~3ヶ月の月額使用料金も無料になりお勧めです。
実は前々から光ファイバーにコース切り替えしたかったのですが、工事費等で躊躇していたのです、いっその事TEPCOに切り替えて工事費無料を目論んでいたりもしました。

担当の方の対応は非常に良かったです。
ADSLサービスや他の電話会社の追い上げがあるためにサービスの質も昔に比べて向上しているのでしょうか?
(個人的にフレッツISDN(これ前はフレッツじゃなくてなんとかINSだったっけ?)の頃に来たNTTの人も対応が良かった記憶しかないので)

そして開通日ですがルーターやモデムの設定も担当の方がやっていたので、こちらは後でルーターにLANで繋げば、ハイおしまい。と非常にあっけない光ファイバー開通でした。

速度


さて、速度の方ですがマンションタイプかつVDSLタイプと言うことで「まぁ、20~30Mbps前後出れば良いか~」と思っていてたのですが、フレッツスクウェア内で計測したところ48Mbpsと想像より速度が出ていたので嬉しいです。

ところが、「待てよ、俺ADSL設定のMTUとRWINから変更してなかったよなぁ」と思い出し試しにRWINを157696、MTUを1448にしてフレッツスクウェア内で計測し直した所
なんと77.68MbpsというADSLの頃とは想像を絶する速度でありました・・・。
他にも
BNRスピードテストでは75.263Mbps
SPPE TEST 3MB versionでは64Mbps
RBBtodayでは49.95Mbps、上りは20.1Mbps
とかなり満足の行く数字であります。
4gamerから試しにファイルを落としてみると55Mbps前後でダウンロードできました。

導入としては最高のスタートといった感じでありましょう!
とは言え不満が無いわけではないです。

1.ルーターが大きい
(RT-200KIは光電話・無線LAN・有線LANハブ機能・マルチセッション対応なので
大きい理由はわかるんですが)

2.VDSLモデムから高周波の音が出ている
(VH-100E(N)、かなり小さく高周波の音が出ています
「キー」というごく小さい音が常に聞こえるので結構気になります)

3.100Mbps共有タイプ
(他のマンション住民の方がマンションタイプを導入したかによって、速度が変わるというのがちょっと怖いです、また、2006年以降 光ファイバーのサービスが本格的に跳躍しそうなのでユーザー数に応じて300Mbps共有や500Mbps共有タイプが欲しいです)

1と2は設置場所を工夫すれば解決できますが、3は真面目に検討して欲しいですね。
今のところ速度は十分に出ていますが、今後普及が見込めるだけに1Gbps共有に倣っても良いと思います。

そんなわけで今回のBフレッツ導入はかなり満足度の高いものとなりました。
あ、でもマンション内戸数が多いユーザーは他の光ファイバーサービスと比較した方が良いと思います。

周辺の通信環境


現在の住環境はJ-ComとADSLとBフレッツの3種類が対応しています。

J-Com
地上アナログの電波障害を理由に全戸対応しています。
しかしながらJ-Com導入後はアナログTVの画質は見れば分かりますが格段に落ち。
長距離受信等と比べるとクリアですがフォント周りにJPEGノイズみたいなのが発生しています。
何度か自宅にJ-Comのサービスの人が点検をして画質が悪いことを述べていますが一向に直る気配はありません。
またCATVの特質上ADSLと比べると速度は出るが光ファイバーに比べると遅く、価格も5000円を上回るので最初から眼中にはありませんでした。

ADSL
ご存知のとおりどの会社のサービスでも導入可能です。
NTTの収容局からは中距離でノイズも大目、実際私が使っていたのは26Mbpsのサービスですが、リンク速度は9Mbps前後、実行速度は7.3Mbps前後でした。
値段は全て込みで3800円くらいとまぁ妥当かなぁいう価格でした。

ところで2001年はADSLがネット利用者の中で大きくブレークした年だったのはまだ記憶に新しいです。
先駆者として出現した東京めたりっくは当時愛読していたASCIIでもレビューで読み、非常に心ときめいたのは事実でしたが、いかんせん工事費やそもそもADSLがいったい何なのか?という状態で本格的に導入には至っていませんでした。

その後ヤフーBBが低価格のADSLサービスを提供するとぶちあげ私もそれに乗じて申し込みました。
もう既に懐かしい言葉ですが私もヤフーBBの放置民作戦に遭いました。

当時利用していたフレッツISDNも解約してしまったのは大失敗でした。
待てど暮らせどモデムも契約書類も来ない、ネットで吹き荒れるヤフーBB非難の嵐
(知らない人は知らないでしょうが、酷い対応だったんですよ)
そんな中突如出現したアッカADSLとSo-netの8M ADSLサービス、価格もヤフーBBと比べてそこまで差は無い、酷い対応のヤフーBBに比べれ開通も早いかも?と思いヤフーBBに4ヶ月以上放置されるのは御免と9月中旬には申し込んでいました。

これが大成功、2ヶ月前後で開通、しかも開通予定日より前にADSLモデムが届き試しに接続してみるとそこはもう別世界の速さでした。
(ヤフーBBは登録開始直後に申し込んでいました)

ちなみにアッカに申し込んだ直後にヤフーBBは解約を申し込んだのですが解約後になぜかヤフーBBのモデムが届きました。
当時BBSなんかでも解約後にヤフーBBからモデムだけ送りつけられているユーザーがいて非常に怒っていましたけどね。
届いた初期型の黒いモデムを見て怒りが沸いたのは懐かしい思い出です。
(その後アッカが提供していたモデムNECと富士通、どちらも問題が出たんですけどね)

その後は順調にADSLの技術向上と共にアッカのADSLを利用していましたが、前述の理由とこれ以上ADSLでは速度向上が望めないために光ファイバーになりました、と言うのがこれまでのあらましと理由であります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック