BSデジタルの帯域削減の感想

・BS1とBSプレミアムは帯域削減による画質への影響を限りなく抑えるため「新たな符号化方式」が採用
・フレーム/フィールド構造適応符号化方式
・動きの速い映像はフィールド単位(1/60)で符号化
・動きの少ない映像はフレーム単位(1/30)で符号化

■ 総務省PDFより , 000536654.pdf

個人的感想


・BSプレミアムは高画質として耐えられるレベル
・BS1はノイジー感が増していてBSデジタル特有の高画質さは感じられなくなった
・BS民放系が地上デジタル並みのビットレートにより画質が酷い状況だが、それよりはマシ
・地上波とBS民放系で同じ内容が放送された場合画質が殆ど一緒
・以下参考記事 H.264
■ 動き予測技術「MBAFF」採用でノイズが出にくい映像を実現 - 日経トレンディネット
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply