2012年発売のIvyBridgeが6年でようやくローエンドになりました(オーバークロック編)

intel_corei5_3570k_oc1.jpg
 2012年6月から使っているintelのCPU intel i5-3570K (4コア4スレッド , 3.40GHz TB 3.80GHz)が6年の時を経てようやくローエンドクラスになりました。
そこで改めてベンチマークを行いスコアはどんなもんかを残しておきたいと思います。
(AMD Ryzen3 2200Gが2018年2月発売なので)

※追記 2019年3月17日 i5-3570Kを4.4GHzまでオーバークロックしたベンチマーク結果に変更。

結論をザックリ言うと


※追記
2019年にRyzen第3世代 Zen2が出るので煽られても無視しろ


・倍率を自由にいじれるのでi5-3570Kを4.4GHzまでオーバークロック

・AMD Ryzenとの比較だとRryzen 3 1300X > i5-3570K > Ryzen 3 1200
・GPU内臓のRyzen 3 2200GよりCPUスコアだけは上回る(GPU性能はお察し)
・intel CoreシリーズとのCPU性能のみ比較だとi5-6600K(Skylake)を下回り、i5-7400 (KabyLake-S)とほぼ同等、i3-8100 (Coffee Lake)とほぼ同等

・SandyBridgeやIvyBridgeが優秀すぎた
・為替(円高でした)の影響でとても安く購入できた
・メモリも安かった
・AMDのCPUが駄目すぎた

・この世代のCPUを使っていたなら4コア8スレッドや6コアのCPUを買わないと意味がない
・メモリが高騰してる、更にメニーコアCPUが出てくるので時期が悪い

各種ベンチマークのスコア


環境
core5_3570k_oc_cpuz.png
CPU : intel Core i5 3570K (3.4GHz)
MEM : 16GB (Team Elite U-DIMM DDR3 1600)
VGA : 玄人志向 GeForce GTX 1060 6GB (GF-GTX1060-6GB/OC/DF)
VGA Driver : 398.11 (4.2GHz時) , 419.35 (4.4GHz時)
OS : Windows10 (4.2GHzはApril 2018 Update適用済み) , (4.4GHzは2018秋のUpdate適用済みver.1809)
MB : ASUS P8Z77-V

Octane 2.0
■ Octane 2.0 JavaScript Benchmark
core5_3570k_4_4GHz_win10_octane2_1.png
※4.4GHz
Octane Score : 37873

AnTuTu HTML5 Test
■ AnTuTu HTML5 Test
core5_3570k_4_4GHz_win10_antutuhtml5_1.png
※4.4GHz
Score : 49654

CineBench R15

※4.4GHz
core5_3570k_4_4ghz_cinebench_1.png
CPU (Multi) : 592 cb
CPU (Single) : 156 cb
MP Ratio 3.80x

※4.2GHz
core5_3570k_oc_cinebench_r15.png
CPU (Multi) : 576 cb
CPU (Single) : 150 cb

Core i3-8100 : 568 , 153
Core i5-7400 : 566 , 154
Core i5-6600K : 654 , 170
Ryzen 3 2200G : 564 , 136
Ryzen 3 1300X : 558 , 148
Ryzen 3 1200 : 480 , 133

CPU-Z Bench

※4.4GHz (CPU-Z 1.87.0 x64)
core5_3570k_4_4ghz_cpuz_bench.png
Single Thread : 454.5
Multi Thread : 1740.1

※4.2GHz (CPU-Z 1.85.0 x64)
core5_3570k_oc_cpuz_bench.png
Single Thread : 432.3
Multi Thread : 1689

3DMark
Time Spy
※4.4GHz
core5_3570k_4_4ghz_timespy.jpg
CPU score : 3351
CPU test : 11.26 FPS

※4.2GHz
core5_3570k_oc_timespy.jpg
CPU score : 3278
CPU test : 11.02 FPS

Ryzen 3 2200G : 3006

Firestrike

※4.4GHz
core5_3570k_4_4ghz_firestrike.jpg
Physics score : 8109
Physics test : 25.75 FPS

※4.2GHz
core5_3570k_oc_firestrike.jpg
Physics score : 7845
Pnysics test : 24.91 FPS

i5-7400 : 7471
i5-6600K : 8050
Ryzen 3 2200G : 7097
Ryzen 3 1300X : 8182
Ryzen 3 1200 : 7031

FF14 紅蓮のリベレーター ベンチマーク

※4.4GHz
core5_3570k_4_4ghz_ff14_sb1.jpg
1920x1080 最高品質 : 11367

※4.2GHz
core5_3570k_oc_ff14_sb.jpg
1920x1080 最高品質 : 11500 (非常に快適)

Steam VR パフォーマンステスト

※4.4GHz
core5_3570k_4_4ghz_steam_vr.png
平均忠実度 : 7.9 (高い)
テストされたフレーム : 9973

※4.2GHz
core5_3570k_oc_steamvr.png
平均忠実度 : 7.7 (高い)
1回目は異常なスコアが出るので2回目のスコアを掲載

感想


 上述したように性能が良すぎたせいでローエンドになるまで6年かかりました。買い替えを予定している方は6コア以上のCPUを是非狙ってください。

オーバークロックの設定


・ASUS P8Z77-Vの設定
1.UEFI BIOS UtilityからAdnbanced Mode (F7キー)に入る
2. Ai Tweaker のAi Overclock Tunerを「手動」、BCLK/PEG周波数を「100.0」、Turbo Ratioを「手動」、動作倍率同期設定を「有効」、コア動作倍率の制限を「44」
core5_3570k_4_4GHz_p8z77v_01.jpg

3.CPU Voltageを「Offset Mode」、Offsed Mode Signを「+」、CPU Offset Voltageを「0.100」(上げすぎると壊れる)
core5_3570k_4_4GHz_p8z77v_02.jpg

4.詳細タブ > 「CPUの設定」 > 「CPUの電源管理」、ターボモード以外全部無効
core5_3570k_4_4GHz_p8z77v_03.jpg

5.Windows10の電源オプションから「高パフォーマンス」を選択
core5_3570k_4_4GHz_win10_1.png





引用元サイト
■ 「Ryzen 3 1300X」「Ryzen 3 1200」レビュー。1万円台で買える4コア4スレッド対応CPU,その実力は - 4Gamer.net
■ 「Ryzen 5 2400G」「Ryzen 3 2200G」レビュー。デスクトップPC向けRaven Ridgeはゲーマーの選択肢になるか? - 4Gamer.net
■ ASCII.jp:Ryzen Gの性能は内蔵GPUの常識を覆す出来 (5/7)|最新パーツ性能チェック
■ Intel Core i3-8100 and Core i3-8350K Review: RIP Ryzen 3? - TechSpot
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply