Logicool M510 レビュー

logicool_m510_08.jpg
Logicool MX1100 レビューで使っていたMX1100が本格的に壊れたので新しいマウス、LogicoolのM510を購入しました。

ワイヤレス マウス M510 - Logicoolサポート">■Wireless Mouse M510 公式サイト

仕様


・水平スクロール&ズーム
・電池寿命最大2年
・高精度レーザーセンサー(1000dpi)
・単三乾電池 2本使用
・Unifyingレシーバーをマウス内部に入れて持ち運び可能

マウス本体


logicool_m510_01.jpg
logicool_m510_02.jpg
無線レシーバーはUnifyingに進化し、とてもコンパクトになりました。

logicool_m510_06.jpg
logicool_m510_07.jpg
MX1100に比べて随分コンパクトなサイズになっています。

手首を支点に握る人には若干小さすぎる様に感じるかもしれませんが慣れると違和感は殆ど無くなりました。逆に掴み持ち派の人にはちょうどよいサイズかもしれません。
logicool_m510_03.jpg
サイドボタンはクリック感がシッカリあるタイプです。

logicool_m510_05.jpg
ボタン部分などの主要部分はツヤっとした質感で公式サイトとは違います。
サイド部分はゴムっぽい質感になっており握りやすくなっていますが、長期間使う場合には劣化が気になるかもしれません。

ホイール


MX1100同様横方向のチルトホイールも有り。
MX1100に搭載されていたヌルヌル動くMicroGearスクロールホイールの様な、ヌルっと回転させてページを一気に下方向に移動する機能は有りません。

電池


MX1100でエネループを使った場合、4日程度で電池交換を促され面倒に感じました。
しかしM510に最初から入っている電池が結構持っているので単純な比較は出来ていませんが、かなり電池に対する消費が減っている様に感じられます。

感想


マウスに求める機能としてMX1100の時にも書いたのですが、
・無線
・サイドボタン2つ
・オプティカルかレーザー読み取り
で、値段も1万未満ならどれでも、という感じで選んでみました。

MX1100から無くなった機能
・DPI切り替えボタン
・ステルスサムボタン
・MicroGearスクロールホイール
無くなった機能を多用していた人にはM510では不満足かもしれませんが、使っていなかった人にはMX1100より安く、電池寿命の持ちも良いM510は結構お勧めです。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック